新しいキャットフードに切り替えてもいいか

飼い主にとって、キャットフードを新しいものに切り替えたい、
と思うタイミングは多々訪れることだと思います。

今のフードではコストが高すぎる、新しい商品が出たからそれを食べさせてあげたい、
うちの子が今の餌への食いつきが悪くなった…など、さまざまな理由が挙げられるでしょう。

まずコストの問題は、やはり付き物だと言えます。
だからといって、格安のキャットフードはあまりおすすめではありません。
格安のものは、価格を抑えるために使用している原料が、猫には有害な添加物が多く含まれていることがあります。

しかし高価なものと同等の原料で、値段を抑えている商品を見つけることは可能なはずです。
根気強く安心なキャットフードを見つけ、そちらに思い切って変えてあげてもよいでしょう。

また、目新しい商品が発売されると、ついついそちらに手を伸ばしたくなるかもしれません。
CMなどで猫が美味しそうにそのキャットフードを食べていると、うちの子にも!なんて思ってしまうのが人情というもの。
でも、それが本当に愛猫に合っているのかどうかは、きちんと見てあげないといけません。

総合的に見て、その栄養バランスが適当であるか、硬さや大きさなどは大丈夫かなどを確認し、しっかりと判断するようにしましょう。
飼い主の押しつけになってしまってはいけません。

そして、食いつきいがどうも最近良くないと思う場合でも、安易に切り替えれば良いというものではありません。
その時の体調によって、一時的に食欲が落ちているだけなのかもしれないからです。
しかし、本当に好みや成長によって、それまで好んで食べていたキャットフードが、あまり好きではなくなってしまう場合もあるでしょう。
いずれにせよ、やはり飼い主が愛猫のことをよく観察しておくことが大切だと言えます。

さまざまなケースが考えられると思いますが、
食べる量が減ったり、何も食べなくなってしまったりすることは、もっとも避けたことですよね。
そういう時は、思い切って切り替える勇気を持ってよいと思います。

万一気に入らなければ、またもとに戻せば良いのですから、あまり難しく考えすぎないようにしましょう。
ページのトップへ戻る